甲州印伝とは

甲州(山梨県)で400年以上にわたり伝承される、鹿革に漆で模様付けした伝統工芸品。
印傳屋は天正十年(1582年)に創業、江戸時代には遠祖上原勇七が独自の技法を考案。
以来、代々の家長・上原勇七のみに口伝で伝承されてきました。
自然がもつ力や美しさを身近に感じていたい日本人のこころは、今も昔も変わることはありません。
印傳屋は伝承の技と自然に心を寄せる感性を胸に、人々の心に伝わるものをつくり続けていきます。

-経済産業大臣指定 伝統的工芸品-

→詳しくはこちら